「自分見つめ直す」 代表レギュラー危機のGK川島が胸中語る

公開日:  更新日:

 アギーレ体制後、4試合中3試合に先発したGK川島永嗣(31)。14日のホンジュラス戦(午後7時35分開始)の先発が予想されるが、ベネズエラ戦(9月9日)で正面のシュートをキャッチミスして失点したり、このところの凡ミスの多さから「第2GKの西川周作(28)に取って代わられる日も近い」といわれるようになった。所属クラブのスタンダール(ベルギー)でも、10月19日に最下位を相手に不覚をとって以来、控えGKに甘んじたまま。逆風にさらされている川島を代表合宿中に直撃した。

――調子そのものはどうなんでしょうか?

「もちろんミスは実際に起こったことだし、そのことは、しっかりと認識したいと思います。しかし、ミスがなぜ起こったのか、突き詰めていくと自分の中で答えは出ています。周囲には《いろいろな見方》があると思いますが、何が起ころうとラッキー、アンラッキーとは思わず、起きたことをきちんと整理し、自分自身のプレーに集中したいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る