「自分見つめ直す」 代表レギュラー危機のGK川島が胸中語る

公開日: 更新日:

 アギーレ体制後、4試合中3試合に先発したGK川島永嗣(31)。14日のホンジュラス戦(午後7時35分開始)の先発が予想されるが、ベネズエラ戦(9月9日)で正面のシュートをキャッチミスして失点したり、このところの凡ミスの多さから「第2GKの西川周作(28)に取って代わられる日も近い」といわれるようになった。所属クラブのスタンダール(ベルギー)でも、10月19日に最下位を相手に不覚をとって以来、控えGKに甘んじたまま。逆風にさらされている川島を代表合宿中に直撃した。

――調子そのものはどうなんでしょうか?

「もちろんミスは実際に起こったことだし、そのことは、しっかりと認識したいと思います。しかし、ミスがなぜ起こったのか、突き詰めていくと自分の中で答えは出ています。周囲には《いろいろな見方》があると思いますが、何が起ころうとラッキー、アンラッキーとは思わず、起きたことをきちんと整理し、自分自身のプレーに集中したいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る