日ハム中田翔 来季年俸はチームトップの「2億円」に

公開日: 更新日:

 日米野球5試合すべてで日本代表チームの4番に座った日本ハムの中田翔。日本代表の顔になった25歳が、このオフ、チーム内でも以前にも増して確固たる地位を築くことになった。

「同僚の陽(27)と並んで、来季年俸はチームトップの2億円になると聞いています」とは日ハムOBだ。

 今季の中田は144試合すべてに出場して2割6分9厘、27本塁打、100打点。プロ7年目にして初のタイトル(打点王)を獲得した。4番としてチームを牽引した実績を評価され、現状の1億5000万円から5000万円増とか。陽は2000万円増の2億円になる見込みだ。

「このオフ、FA残留した宮西との兼ね合いもあったようです」と前出のOBがこう続ける。

「宮西は入団から7年連続50試合以上登板で、左腕のリリーフエース。代わりを務められる投手はいないし、球団は当初から何が何でも残したい意向だった。年俸も1億4000万円からの大幅アップ、一時は2億円のラインまで検討されたといいます。けれども、中田と陽の2億円はチームの顔としての意味合いもあるだけに、いくらなんでも2人を超える年俸にするわけにはいかない。結局、宮西は1億8000万円の2年契約で落ち着いたと聞いています」

 中田は名実ともに「チームの中心」になったわけだから、今季以上の成績が求められるのは当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る