CS決勝打も ハム首脳陣が頭抱える「4番・中田」の試合態度

公開日: 更新日:

「チームはみな(引退する)稲葉さんと(金子)誠さんと一日でも長く野球をしたいと思ってますから。ボクもしっかり塁に出て、つなぐ意識でした。手応え? 完璧でした」

 試合後、得意満面でこう言ったのが日本ハムの中田翔(25)だ。勝てばCSファイナルステージ進出が決まる14日のオリックス戦。中田は同点で迎えた延長十回、抑えの平野佳から中堅に特大の一発を放り込んで決着をつけた。

 プロ7年目の今季は初のタイトル(打点王=100)を獲得。CSでも決勝打を放って、試合後のインタビューでは優等生発言。ヤンチャ坊主もようやく4番らしくなってきたと思ったら、内部での評価はまだまだらしい。

■ガムの噛み方があまりにも汚らしい

 日本ハムには「目安箱」のようなシステムがあって、そこでファンからの投書を受け付けている。札幌はすすきののスナックでだれとだれが朝方までオダを上げていたとか、そんな類いの投書まである。中田はそこでやり玉に挙がったとか。いわく「プレー中のガムの噛み方があまりにも汚らしい。試合は子供も見るのだし、教育上、良くない。あんなんじゃ、ナイターを見せられない」といった内容だったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る