「下半身を相当鍛えている」 “先輩”中田翔が見た西武・森友哉

公開日:  更新日:

 高卒ルーキーながら、代打での2発を含め3試合連続本塁打を放った西武の森友哉(19)。18日のソフトバンク戦には、九回に代打で登場。空振り三振に終わり、17日(対日本ハム戦)の代打での四球を挟む4試合連続アーチはならなかったものの、8月上旬の本格一軍デビュー以来、その活躍ぶりに注目度はうなぎ上りだ。

 そんなルーキーの活躍を目を細めながら見守っているのが日本ハムの主砲・中田翔(25)だ。

 言わずと知れた大阪桐蔭高の先輩。森とは年齢差もあり、「先輩っていっても接点があまりないからね。(性格を含め)本当のところはよく知らん」と言いながらも、その打撃に関しては「間違いなく日本を代表する打者に成長するよ」と太鼓判を押す。

 森の打撃フォームは両ヒザをグッと曲げ、下半身をどっしりと安定させる独特のスタイル。中田は過去に「ガニマタ打法」を取り入れるなど、同じように低い重心からの打撃を試みた。そのうえで、森の凄さをこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る