日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「下半身を相当鍛えている」 “先輩”中田翔が見た西武・森友哉

 高卒ルーキーながら、代打での2発を含め3試合連続本塁打を放った西武の森友哉(19)。18日のソフトバンク戦には、九回に代打で登場。空振り三振に終わり、17日(対日本ハム戦)の代打での四球を挟む4試合連続アーチはならなかったものの、8月上旬の本格一軍デビュー以来、その活躍ぶりに注目度はうなぎ上りだ。

 そんなルーキーの活躍を目を細めながら見守っているのが日本ハムの主砲・中田翔(25)だ。

 言わずと知れた大阪桐蔭高の先輩。森とは年齢差もあり、「先輩っていっても接点があまりないからね。(性格を含め)本当のところはよく知らん」と言いながらも、その打撃に関しては「間違いなく日本を代表する打者に成長するよ」と太鼓判を押す。

 森の打撃フォームは両ヒザをグッと曲げ、下半身をどっしりと安定させる独特のスタイル。中田は過去に「ガニマタ打法」を取り入れるなど、同じように低い重心からの打撃を試みた。そのうえで、森の凄さをこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事