日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レッドソックス主力投手一掃 オフの補強目玉は広島マエケン

 今季は上原、田沢が所属し、日本のファンにもなじみが深いレッドソックスがトレード市場で主役を演じた。7月31日(現地時間)のトレード期限最終日に主力を一掃したのだ。

 エース左腕レスターがキューバ人外野手のセスペデスとの交換でアスレチックスへ、右腕ラッキーがカージナルスに移籍した。レッドソックスは27日にサイ・ヤング賞右腕(07年)ピービーをジャイアンツに、30日には5番手左腕のドブロントをカブスにそれぞれ放出しており、開幕時のローテーション投手4人がトレード期限ギリギリにチームを去った。

 レッドソックスが今オフ、先発陣の補強に動くのは必至。今季終了後にはタイガース・シャーザー、ドジャース・ベケット、ヤンキース・黒田ら実績のある先発投手がFAになる。中でも、再建の切り札としてリストアップしているのが日本人右腕だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事