レッドソックス主力投手一掃 オフの補強目玉は広島マエケン

公開日: 更新日:

 今季は上原、田沢が所属し、日本のファンにもなじみが深いレッドソックスがトレード市場で主役を演じた。7月31日(現地時間)のトレード期限最終日に主力を一掃したのだ。

 エース左腕レスターがキューバ人外野手のセスペデスとの交換でアスレチックスへ、右腕ラッキーがカージナルスに移籍した。レッドソックスは27日にサイ・ヤング賞右腕(07年)ピービーをジャイアンツに、30日には5番手左腕のドブロントをカブスにそれぞれ放出しており、開幕時のローテーション投手4人がトレード期限ギリギリにチームを去った。

 レッドソックスが今オフ、先発陣の補強に動くのは必至。今季終了後にはタイガース・シャーザー、ドジャース・ベケット、ヤンキース・黒田ら実績のある先発投手がFAになる。中でも、再建の切り札としてリストアップしているのが日本人右腕だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    令和最初の倒産はどこ 市場が警戒「危ない会社」予備軍

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る