• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レッドソックス主力投手一掃 オフの補強目玉は広島マエケン

 今季は上原、田沢が所属し、日本のファンにもなじみが深いレッドソックスがトレード市場で主役を演じた。7月31日(現地時間)のトレード期限最終日に主力を一掃したのだ。

 エース左腕レスターがキューバ人外野手のセスペデスとの交換でアスレチックスへ、右腕ラッキーがカージナルスに移籍した。レッドソックスは27日にサイ・ヤング賞右腕(07年)ピービーをジャイアンツに、30日には5番手左腕のドブロントをカブスにそれぞれ放出しており、開幕時のローテーション投手4人がトレード期限ギリギリにチームを去った。

 レッドソックスが今オフ、先発陣の補強に動くのは必至。今季終了後にはタイガース・シャーザー、ドジャース・ベケット、ヤンキース・黒田ら実績のある先発投手がFAになる。中でも、再建の切り札としてリストアップしているのが日本人右腕だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る