レッドソックス主力投手一掃 オフの補強目玉は広島マエケン

公開日:  更新日:

 今季は上原、田沢が所属し、日本のファンにもなじみが深いレッドソックスがトレード市場で主役を演じた。7月31日(現地時間)のトレード期限最終日に主力を一掃したのだ。

 エース左腕レスターがキューバ人外野手のセスペデスとの交換でアスレチックスへ、右腕ラッキーがカージナルスに移籍した。レッドソックスは27日にサイ・ヤング賞右腕(07年)ピービーをジャイアンツに、30日には5番手左腕のドブロントをカブスにそれぞれ放出しており、開幕時のローテーション投手4人がトレード期限ギリギリにチームを去った。

 レッドソックスが今オフ、先発陣の補強に動くのは必至。今季終了後にはタイガース・シャーザー、ドジャース・ベケット、ヤンキース・黒田ら実績のある先発投手がFAになる。中でも、再建の切り札としてリストアップしているのが日本人右腕だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る