補強はほぼ全滅…阪神はなぜ選手に敬遠されてばかりなのか

公開日:  更新日:

「人気がないなぁ」

 OBも苦笑いする。阪神の編成、補強作戦が大失敗に終わる可能性が高まっているからだ。

 チームでは生え抜きのキャプテン鳥谷が海外FA権を行使してメジャー挑戦。阪神ひと筋11年の看板選手は、残留すれば4年20億円超の大型契約に加えて、監督手形も手に入れるともっぱら。なのにFA権を行使した。広島からFAで獲得した新井貴も自ら自由契約を申し出て退団。古巣広島への復帰が決まった。

 自軍の選手に逃げられるだけじゃない。

 11日に国内FA権を行使したオリックスの金子千尋(31)を補強の目玉としていたが、「実際は早々と争奪戦から撤退していた。表向きは、金子はメジャー志向という情報をキャッチしたからとされているが、その前から国内では巨人がリードし、それをソフトバンクが巻き返すという展開だった。阪神は歯牙にもかけられず、手を引かざるを得なかった」(球界関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る