巨人“銭闘”開始間近…「変動制」の阿部だけが割りを食う理由

公開日:  更新日:

 巨人が19日、ジャイアンツ球場での約3週間の秋季練習を打ち上げた。原辰徳監督(56)は「落ち着いて取り組めた」と総括。これからは順次、契約更改交渉を行っていく。

 今季リーグV3を達成。だが、球団は大盤振る舞いできない事情がある。その後のCSで4連敗。日本シリーズ進出を逃した上に、個人成績がぱっとしないのだ。大幅に昇給するのは、防御率のタイトルを獲得し、セ・リーグMVPが予想される菅野くらい。特に規定打席到達者の中で3割打者ゼロという貧打の野手陣はドキドキだろう。

 注目は日本球界最高年俸、推定6億円の阿部慎之助(35)だ。

 打率は.248でリーグ最下位。昨オフに2年契約を結んだものの、年俸はこれまで同様、あえて「変動制」にしている。「成績が出れば上がるし、出なければ下がる。いい成績を出して上げてもらえるように頑張る」というポリシーがあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る