巨人“銭闘”開始間近…「変動制」の阿部だけが割りを食う理由

公開日:  更新日:

 巨人が19日、ジャイアンツ球場での約3週間の秋季練習を打ち上げた。原辰徳監督(56)は「落ち着いて取り組めた」と総括。これからは順次、契約更改交渉を行っていく。

 今季リーグV3を達成。だが、球団は大盤振る舞いできない事情がある。その後のCSで4連敗。日本シリーズ進出を逃した上に、個人成績がぱっとしないのだ。大幅に昇給するのは、防御率のタイトルを獲得し、セ・リーグMVPが予想される菅野くらい。特に規定打席到達者の中で3割打者ゼロという貧打の野手陣はドキドキだろう。

 注目は日本球界最高年俸、推定6億円の阿部慎之助(35)だ。

 打率は.248でリーグ最下位。昨オフに2年契約を結んだものの、年俸はこれまで同様、あえて「変動制」にしている。「成績が出れば上がるし、出なければ下がる。いい成績を出して上げてもらえるように頑張る」というポリシーがあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る