森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

阪神・西岡のケガで改めて感じた 10億円がパーになるプロ野球の恐ろしさ

公開日:  更新日:

 3月の巨人戦で阪神の西岡が守備の際に大ケガを負った。試合が止まり、救急車が入った。プロ野球の世界の厳しさ、恐ろしさを改めて感じた。

「グラゼニ」は当初、自営業者に向けて「自営はつらいよ」という意味合いを込めて描き始めた。私も漫画家で自営業者だが、プロ野球選手になれる人はものすごく限られている。毎年、ドラフトで70人ほど入ってきて、同じ数がクビになる。現役の平均年数は7~8年。10年もメシを食えない。

 ダルビッシュのようなスター選手を主人公にするのではなく、年俸1800万円、高卒プロ8年目の中継ぎ投手・凡田夏之介を主人公にした。プロ野球界の底辺を描くことでその厳しさを伝えたかった。

 そうなると、おカネの話は避けて通れない。プロ野球は年俸5億円の選手と500万円の選手が同じグラウンドで戦う。作中、夏之介は先発ローテ入りをかけた試合、自ら二塁へ走者をタッチにいき、クロスプレーで右手を骨折するシーンがある。一軍半の立場で、ここで負ければ二軍に落とされるかもしれない。ケガというリスクを背負って、人生をかけてアウトを取りにいく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る