グリエル獲得は未知数…巨人が楽天退団のAJに“白羽の矢”

公開日: 更新日:

 楽天のアンドリュー・ジョーンズ(37)が自由契約となり、他球団との交渉が可能になった。11月30日に締め切られた来季の保留者名簿から外れた。

 来日1年目の昨季は4番として26本塁打、94打点。球団初のリーグ優勝と日本一に貢献した。しかし、今季は24本塁打、71打点と昨季を下回った。それでいて年俸4億円と高額だった。調査段階で二の足を踏む球団が多い中、“あの球団”が獲得に動く可能性が出てきた。球界関係者が言う。

「巨人です。これまでに決まった補強は、FAの相川と金城、新外国人投手2人。今年はチーム打率リーグ5位の貧打に泣いたのに『強打者』をまだ取っていない。だからグリエルなんでしょうが、なにしろキューバ補強は未知数ですから」

 11月にグリエルが参加したメキシコでの大会を視察した巨人の球団関係者は見通しについてこう話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る