森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

松坂大輔に4年16億円!? ソフトバンクの適正価格に待った!

公開日: 更新日:

 思わず「マジかよ!」と声を上げてしまった。

 松坂大輔のソフトバンク入りが秒読みになってきたが、ある報道によれば、その条件は「4年16億円」。ちょっと高すぎるんじゃ? というのが率直な感想だ。

 松坂は来年35歳。4年契約ということは38歳まで面倒を見るわけだから、事実上の“終身雇用”だろう。80年生まれのいわゆる「松坂世代」は、村田や杉内(ともに巨人)をはじめピークを越えた感もあり、松坂には最後の砦として頑張ってほしいが、メジャーでバリバリやっていた全盛期ならまだしも、メジャーでは通用しなくなった松坂にここまでの価値があるかといえば「?」だ。

 一説では、争奪戦に参戦したDeNAは当初、2年2億円(推定)を提示し、改めて条件を見直したとされる。今の松坂ならこれでも結構な評価だと思うけれど、ソフトバンクにここまでのお金を出されたら、最初から勝負アリに決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る