森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

トライアウトで見えたプロ野球選手の運命論

公開日:  更新日:

間近でみた堂上兄のロングティー

 先日、トライアウトが行われた静岡の草薙球場に出かけた。気になる選手がいた。元中日の堂上剛裕(29)である。

 入団テストを経て、巨人入りが決まった彼を、昨年の春季キャンプのときに間近で見させてもらったことがある。

 個別練習で堂上と、同じく巨人入りが決まった吉川大幾の2人が三塁ベンチ前で並んでロングティーをやっていた。僕は三塁ベンチで彼らの斜め前の位置から観察していた。とりわけ堂上はこれぞ野球選手という素晴らしい体つき。力強いスイングで放たれた打球は何度もスタンドインした。若さに満ちあふれ、これぞプロだと感じ入った。

 その堂上がわずか1年半後にクビになり、トライアウトの会場にいる。06年高校生ドラフトで3球団の競合の末に1巡目入団した弟・直倫も目立った成績を残せていない。兄弟の入団時に寮長だった父・照(通算35勝)ほどの活躍ができるかも不透明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る