2億円更改で殊勝会見も 日ハム中田の“天狗”化を球団が危惧

公開日:  更新日:

 なにしろ先の日米野球で日本代表の「4番」を務めた男だ。今季は100打点で初のタイトルも獲得した。ただでさえプライドが高い日本ハムの中田翔(25)が3日、5000万円増の年俸2億円で契約を更改。チームナンバーワンの高給取りになり、言うセリフまで変わってきた。

「すべてにおいて一番になりたい。そこだけは変えずにやっていきたいと思う。チーム最高年俸?気が引き締まった感じがする。来年はそれなりの結果を残さなければいけないというプレッシャーが出てきた」

 会見では殊勝だったものの、球団フロントや首脳陣は中田がますますテングにならないか危惧しているという。担当記者の話。

「攻守交代時の全力疾走を怠るし、グラウンド外では相変わらずハメを外している。お目付け役の稲葉が引退したいま、首脳陣が新たな重しとして期待するのが2学年上で年俸1億8000万円の陽岱鋼。中田じゃムリだから、これからはおまえがチームを引っ張るしかないと中田へのライバル心をたきつけて、本人もすっかりその気に。自分がトップに立たないといけないと中田に対抗心を燃やしていますが、いかんせん中田は陽岱鋼を歯牙にもかけていません。最高給取りになった自覚どころか、飲み代が増えると単純に喜んでいるという話もあります」

 素質の高さはだれもが認めるところ。初めてタイトルを取って、来季はさらにステップアップする格好のチャンスでもある。いま以上の打者になるためには、もう一皮むける必要があると周囲は見ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る