2億円更改で殊勝会見も 日ハム中田の“天狗”化を球団が危惧

公開日: 更新日:

 なにしろ先の日米野球で日本代表の「4番」を務めた男だ。今季は100打点で初のタイトルも獲得した。ただでさえプライドが高い日本ハムの中田翔(25)が3日、5000万円増の年俸2億円で契約を更改。チームナンバーワンの高給取りになり、言うセリフまで変わってきた。

「すべてにおいて一番になりたい。そこだけは変えずにやっていきたいと思う。チーム最高年俸?気が引き締まった感じがする。来年はそれなりの結果を残さなければいけないというプレッシャーが出てきた」

 会見では殊勝だったものの、球団フロントや首脳陣は中田がますますテングにならないか危惧しているという。担当記者の話。

「攻守交代時の全力疾走を怠るし、グラウンド外では相変わらずハメを外している。お目付け役の稲葉が引退したいま、首脳陣が新たな重しとして期待するのが2学年上で年俸1億8000万円の陽岱鋼。中田じゃムリだから、これからはおまえがチームを引っ張るしかないと中田へのライバル心をたきつけて、本人もすっかりその気に。自分がトップに立たないといけないと中田に対抗心を燃やしていますが、いかんせん中田は陽岱鋼を歯牙にもかけていません。最高給取りになった自覚どころか、飲み代が増えると単純に喜んでいるという話もあります」

 素質の高さはだれもが認めるところ。初めてタイトルを取って、来季はさらにステップアップする格好のチャンスでもある。いま以上の打者になるためには、もう一皮むける必要があると周囲は見ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る