2億円更改で殊勝会見も 日ハム中田の“天狗”化を球団が危惧

公開日:  更新日:

 なにしろ先の日米野球で日本代表の「4番」を務めた男だ。今季は100打点で初のタイトルも獲得した。ただでさえプライドが高い日本ハムの中田翔(25)が3日、5000万円増の年俸2億円で契約を更改。チームナンバーワンの高給取りになり、言うセリフまで変わってきた。

「すべてにおいて一番になりたい。そこだけは変えずにやっていきたいと思う。チーム最高年俸?気が引き締まった感じがする。来年はそれなりの結果を残さなければいけないというプレッシャーが出てきた」

 会見では殊勝だったものの、球団フロントや首脳陣は中田がますますテングにならないか危惧しているという。担当記者の話。

「攻守交代時の全力疾走を怠るし、グラウンド外では相変わらずハメを外している。お目付け役の稲葉が引退したいま、首脳陣が新たな重しとして期待するのが2学年上で年俸1億8000万円の陽岱鋼。中田じゃムリだから、これからはおまえがチームを引っ張るしかないと中田へのライバル心をたきつけて、本人もすっかりその気に。自分がトップに立たないといけないと中田に対抗心を燃やしていますが、いかんせん中田は陽岱鋼を歯牙にもかけていません。最高給取りになった自覚どころか、飲み代が増えると単純に喜んでいるという話もあります」

 素質の高さはだれもが認めるところ。初めてタイトルを取って、来季はさらにステップアップする格好のチャンスでもある。いま以上の打者になるためには、もう一皮むける必要があると周囲は見ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る