日ハム中田翔が見た後輩・大谷 「異次元の修正力持っている」

公開日: 更新日:

 二刀流に挑み、目覚ましい活躍を続けている日本ハム大谷翔平(20)。投手として11勝、打者として10本塁打の「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」はかのベーブ・ルース以来の快挙です。そんな大谷を先輩の中田翔はどう見ているのか。大谷と同じ2年目での中田の本塁打数は9本。二刀流の後輩にそれを超えられ、複雑ではないのか。単刀直入に聞いてみた。

「いや、それは、なんとも思わないですね。まったく気にしてなかったです。大谷はホンマにスゴいヤツですもん」

 と、意外なほど素直に大谷を持ち上げる中田は、こう続けた。

「なにがすごいって、あの修正能力ですよ。彼も一時、打率が2割6分台まで落ちたでしょ。同じキャリアのころの自分を考えたら、絶対にあのまま落ちるところまで落ちてます。間違いないです。でも、大谷は2割8分、2割9分までまた上げた(25日現在は.269)。それが、すごい。普通は一回調子を落としたら、そんなに簡単に戻せないです。キャリアがあれば、別ですよ。経験の中でいろいろな修正法が蓄積されるから。大谷は2年目。それなのに、いくつも(修正する)引き出しを持っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る