日ハム中田翔が見た後輩・大谷 「異次元の修正力持っている」

公開日:  更新日:

 二刀流に挑み、目覚ましい活躍を続けている日本ハム、大谷翔平(20)。投手として11勝、打者として10本塁打の「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」はかのベーブ・ルース以来の快挙です。そんな大谷を先輩の中田翔はどう見ているのか。大谷と同じ2年目での中田の本塁打数は9本。二刀流の後輩にそれを超えられ、複雑ではないのか。単刀直入に聞いてみた。

「いや、それは、なんとも思わないですね。まったく気にしてなかったです。大谷はホンマにスゴいヤツですもん」

 と、意外なほど素直に大谷を持ち上げる中田は、こう続けた。

「なにがすごいって、あの修正能力ですよ。彼も一時、打率が2割6分台まで落ちたでしょ。同じキャリアのころの自分を考えたら、絶対にあのまま落ちるところまで落ちてます。間違いないです。でも、大谷は2割8分、2割9分までまた上げた(25日現在は.269)。それが、すごい。普通は一回調子を落としたら、そんなに簡単に戻せないです。キャリアがあれば、別ですよ。経験の中でいろいろな修正法が蓄積されるから。大谷は2年目。それなのに、いくつも(修正する)引き出しを持っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る