マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

グリーンの傾斜は足裏で感じる

公開日: 更新日:

 先週の「カシオワールドオープン」は、最終組のひとつ前からスタートした片山晋呉が、8バーディー、1ボギーの65をマークして通算17アンダーとし、逆転で今季初勝利を飾った。圧巻だったのは12番からの4連続バーディー。これで優勝争いから一気に抜け出し、ツアー通算28勝目を手に入れた。

 最終日の片山選手は、ショットもさることながら、見事だったのがパッティング。ショートパットだけでなく、ロングパットでもグリーンの傾斜を読み切り、ライン(方向)と距離感がピタッと合っていたのである。

 さて、この片山プロのパッティング。正確無比なストロークを真似することはできないが、グリーンの傾斜を読むスキル(技術)を高めることは可能だ。では、どこをどう意識すればグリーンの傾斜を正確に読めるようになるのか?

 グリーンの傾斜は目で確認するのが一般的だが、実はもうひとつ方法がある。世界ランク2位のアダム・スコットも実践しているシステム、「エイムポイント・エクスプレス」では、目ではなく足裏感覚で傾斜を感じ取ることを指導している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る