• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ショットの安定には体の向き、ヘッド軌道を客観的にチェックする

 先週の「マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント」は、小田龍一が最終日に9アンダー・62のビッグスコアを叩き出して5年ぶりのツアー優勝。大会前までの賞金ランキングは67位と振るわなかったが、この優勝で小田選手は一気に17位までジャンプアップしている。

 国内男子ツアーも残すところ5試合となったが、テレビ中継でオンエアしてほしいのが練習場風景だ。スタート前でもいいが、できればラウンド後がいい。トーナメント会場の練習場にはアマチュアにも役立つ上達のヒントがたくさんあるからだ。

 では、ツアープロはラウンド後にどんな練習をしているのか?

 片山晋呉を筆頭に、練習器具を用いている選手が少なからずいるが、その中でもダントツに人気がある練習器具はツアースティック。シャフトよりも少し細い棒状の器具で、多くの選手はこの細い棒をスタンスの前や、ボールの少し手前に置いて練習している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事