• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

アイアンとドライバーで打ち方を変える

 先週のブリヂストンオープンは小田孔明が1打差で藤田寛之を振り切り、今季ツアー2勝目を挙げた。優勝賞金3000万円を手に入れたことで、賞金ランキングトップに返り咲いている。

 招待選手であったB・スネデカーは3日目のハーフ終了時点、体調不良で棄権となったが、ボクが注目したのが彼のトップスイング。金曜日の午後、トーナメント会場の練習場でスネデカーのスイングを間近で見たが、今どきの道具(クラブ)をうまく使いこなしていたからである。

 では、スネデカーはどんなふうに道具(クラブ)をうまく使いこなしていたのか?

 ドライバーを打つ時とアイアンを打つ時とでは、フェースの向きがガラッと変わっていた。ドライバーではテークバックでフェースを開かず、トップではシャットフェース。フェース面が空を向いていた。対して、アイアンではテークバックで徐々にフェースを開き、トップでフェース面は斜め45度。いわゆるスクエアフェースになっていたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事