マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スローモーションのようにゆっくり振る

公開日: 更新日:

 前回も書いたが、今どきのツアープロはアイアンだけでなく、ドライバーもハンドファーストな状態でインパクトを迎えている。先週のダンロップフェニックスでプレーオフの末、優勝した松山英樹もそうで、スイング動画をスロー再生するとハンドファーストな状態でボールを力強く叩き、300ヤードを超える飛距離を稼いでいる。

 対してアマチュアの多くは、インパクトでハンドファーストになっていない。ダウンスイングの早い段階で手首のコックがほどけてしまい、インパクトで左手首が甲側に折れ曲がり、ハンドファーストとはまったく逆の形、ヘッドファーストになっている。

 では、どんな練習をすれば我々アマチュアもハンドファーストな状態でインパクトを迎えることができるのか?

 一番のポイントはインパクトではなく、ダウンスイングの矯正。ダウンスイングで右手を使い過ぎるのを我慢し、手首のコックをキープすることを覚える必要がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る