マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スローモーションのようにゆっくり振る

公開日:  更新日:

 前回も書いたが、今どきのツアープロはアイアンだけでなく、ドライバーもハンドファーストな状態でインパクトを迎えている。先週のダンロップフェニックスでプレーオフの末、優勝した松山英樹もそうで、スイング動画をスロー再生するとハンドファーストな状態でボールを力強く叩き、300ヤードを超える飛距離を稼いでいる。

 対してアマチュアの多くは、インパクトでハンドファーストになっていない。ダウンスイングの早い段階で手首のコックがほどけてしまい、インパクトで左手首が甲側に折れ曲がり、ハンドファーストとはまったく逆の形、ヘッドファーストになっている。

 では、どんな練習をすれば我々アマチュアもハンドファーストな状態でインパクトを迎えることができるのか?

 一番のポイントはインパクトではなく、ダウンスイングの矯正。ダウンスイングで右手を使い過ぎるのを我慢し、手首のコックをキープすることを覚える必要がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る