オリ平野佳「3年9億円」更改 狙っていた阪神もなす術なし

公開日:  更新日:

 総額37億円の補強を行ったオリックスが、またも球界をうならせた。

 9日、守護神の平野佳寿(30=写真)が契約を更改。1億9000万円から大幅アップとなる3年総額9億円という大型契約を結んだ。今季、パ新記録となる40セーブを達成した平野は「思った以上に評価をしてくれた」とご満悦だったが、これに唖然としているのが阪神だろう。

 平野はシーズン中に国内FA権を取得。権利行使は確実視され、複数球団が興味を示していた。中でも熱心なのが阪神だった。

 平野も当初は迷いを見せ、球団との残留交渉で瀬戸山球団代表が「FA宣言せずに残留するものと思って話をしている」と言うと、「それは瀬戸山さんの願望でしょ」と不快感を示したこともあった。

 それがFA宣言せずに残留。阪神は中島に続いて平野にまでオリックスとの条件闘争で敗れた。

 もっとも、平野は40セーブとはいえ1勝6敗、防御率は3.43。3年9億円に見合う数字とは到底思えない。阪神はむしろ、「そらかなわんわ」と呆れているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る