オリ平野佳「3年9億円」更改 狙っていた阪神もなす術なし

公開日: 更新日:

 総額37億円の補強を行ったオリックスが、またも球界をうならせた。

 9日、守護神の平野佳寿(30=写真)が契約を更改。1億9000万円から大幅アップとなる3年総額9億円という大型契約を結んだ。今季、パ新記録となる40セーブを達成した平野は「思った以上に評価をしてくれた」とご満悦だったが、これに唖然としているのが阪神だろう。

 平野はシーズン中に国内FA権を取得。権利行使は確実視され、複数球団が興味を示していた。中でも熱心なのが阪神だった。

 平野も当初は迷いを見せ、球団との残留交渉で瀬戸山球団代表が「FA宣言せずに残留するものと思って話をしている」と言うと、「それは瀬戸山さんの願望でしょ」と不快感を示したこともあった。

 それがFA宣言せずに残留。阪神は中島に続いて平野にまでオリックスとの条件闘争で敗れた。

 もっとも、平野は40セーブとはいえ1勝6敗、防御率は3.43。3年9億円に見合う数字とは到底思えない。阪神はむしろ、「そらかなわんわ」と呆れているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る