オリックス37億円大補強のひずみ T-岡田が“怒り”の保留

公開日: 更新日:

 オリックスのT―岡田(26)が8日、代理人を伴って契約更改交渉に臨み、2300万円アップの7800万円を「イマイチ納得いかない部分もあった。ちょっと残念。時間をかけてやりたい」と保留した。

 130試合で24本塁打、75打点。ゴールデングラブ賞を受賞するなど復活を果たした。前年は1800万円ダウンを受け入れただけに、一歩も引かないつもりのようだ。

 この日は川端が微増、山崎勝は現状維持で更改したものの、谷は減額制限いっぱいの25%減、鉄平もダウンとなった。リーグ2位と躍進したというのに厳冬更改となっている。

 大補強のひずみだろう。これまでに、中島3年12億円、小谷野3年3億円、ブランコ2年5億円、バリントン1年1.5億円と次々と新戦力の獲得に成功。エースの金子にも3年15億円以上といわれる大金を用意し、残留が濃厚となっている。

 5人の総額はおよそ37億円。補強に金をつぎ込み過ぎて、現有戦力の給料まで回らないのではないか。T-岡田の保留は“今年を盛り上げたオレたちにも少しは回してよ”という悲痛な叫びでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る