オリックス37億円大補強のひずみ T-岡田が“怒り”の保留

公開日:  更新日:

 オリックスのT―岡田(26)が8日、代理人を伴って契約更改交渉に臨み、2300万円アップの7800万円を「イマイチ納得いかない部分もあった。ちょっと残念。時間をかけてやりたい」と保留した。

 130試合で24本塁打、75打点。ゴールデングラブ賞を受賞するなど復活を果たした。前年は1800万円ダウンを受け入れただけに、一歩も引かないつもりのようだ。

 この日は川端が微増、山崎勝は現状維持で更改したものの、谷は減額制限いっぱいの25%減、鉄平もダウンとなった。リーグ2位と躍進したというのに厳冬更改となっている。

 大補強のひずみだろう。これまでに、中島3年12億円、小谷野3年3億円、ブランコ2年5億円、バリントン1年1.5億円と次々と新戦力の獲得に成功。エースの金子にも3年15億円以上といわれる大金を用意し、残留が濃厚となっている。

 5人の総額はおよそ37億円。補強に金をつぎ込み過ぎて、現有戦力の給料まで回らないのではないか。T-岡田の保留は“今年を盛り上げたオレたちにも少しは回してよ”という悲痛な叫びでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る