MLB新コミッショナーは五輪にドリームチーム派遣せず?

公開日:  更新日:

 オリンピックの追加種目に「野球・ソフトボール」が認められても、各国でドリームチームが編成されることはなさそうだ。

 MLBでは来年1月に退任するバド・セリグ・コミッショナーの後を受けてロブ・マンフレッド氏(55)が就任する。マンフレッド新コミッショナーは就任が決まった今年8月、「最大の課題はたぶん自分の右にいる紳士(セリグ)の後釜におさまることだと思う」と発言。

 その前任者のセリグ・コミッショナーはこれまでレギュラーシーズンを中断すればMLBの収益が減ると、五輪への選手派遣を一貫して拒否してきた。新コミッショナーにしても「野球の五輪復帰に向けてMLBとしても協力は惜しまない」と言いながら、前任者の路線を踏襲するのは必至だ。

 マンフレッド氏は各球団のオーナーの間ではセリグ氏を上回る商売人として知られている。来季からルールを変更してまで試合時間の短縮に取り組むと明言しているのも、ファンの立場に立ったというより、中継のスポンサー離れが進んだり、放映権料の暴落を恐れてのことだという。夏場の稼ぎ時にシーズンを中断するわけがない。

 コミッショナーが代わったからといって、ダルや田中を含めたバリバリのメジャーリーガーが五輪に参加することはあり得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る