MLB新コミッショナーは五輪にドリームチーム派遣せず?

公開日:  更新日:

 オリンピックの追加種目に「野球・ソフトボール」が認められても、各国でドリームチームが編成されることはなさそうだ。

 MLBでは来年1月に退任するバド・セリグ・コミッショナーの後を受けてロブ・マンフレッド氏(55)が就任する。マンフレッド新コミッショナーは就任が決まった今年8月、「最大の課題はたぶん自分の右にいる紳士(セリグ)の後釜におさまることだと思う」と発言。

 その前任者のセリグ・コミッショナーはこれまでレギュラーシーズンを中断すればMLBの収益が減ると、五輪への選手派遣を一貫して拒否してきた。新コミッショナーにしても「野球の五輪復帰に向けてMLBとしても協力は惜しまない」と言いながら、前任者の路線を踏襲するのは必至だ。

 マンフレッド氏は各球団のオーナーの間ではセリグ氏を上回る商売人として知られている。来季からルールを変更してまで試合時間の短縮に取り組むと明言しているのも、ファンの立場に立ったというより、中継のスポンサー離れが進んだり、放映権料の暴落を恐れてのことだという。夏場の稼ぎ時にシーズンを中断するわけがない。

 コミッショナーが代わったからといって、ダルや田中を含めたバリバリのメジャーリーガーが五輪に参加することはあり得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る