日米野球で負け越しも…ファレル監督は“スカウト”で大収穫

公開日: 更新日:

 20日、沖縄での親善試合で幕を閉じた日米野球。日本代表が24年ぶりにメジャー軍団に勝ち越したものの、MLBチームに同行した米メディアのひとりは、「収穫があったのはむしろMLBの方。中でもレッドソックスが今大会で最も『成果』を挙げたのではないか」という。

 レッドソックスは昨年、世界一になりながらも、今季はア・リーグ東地区最下位に沈んだ。

 巻き返しをすべく、今オフはすでに球団を挙げて投手中心の大補強を行う予定で、金子千尋(31=オリックス)や前田健太(26=広島)ら日本人投手の獲得にも意欲を燃やしているといわれる。

 いくら獲得に強い意欲を持っていても、本来なら首脳陣が日本人選手と直接話をしたり、口説いたりすることはタンパリングだからご法度。が、今回の日米野球のメジャーチームの指揮を執るのは、レッドソックスのファレル監督だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る