東京五輪「野球・ソフト復活」で日本のメダルが激減する理由

公開日: 更新日:

「(9日の)記者会見でも言いましたが、今までメディアはおしなべて、東京五輪で野球が採用されるだろうと報じてきました。ずっとです」

 こう語るのは、全日本空手道連盟の有竹隆佐専務理事だ。

 モナコで8日に行われた国際オリンピック委員会(IOC)の臨時総会で、20年東京五輪では最大28と定めていた競技数の枠を撤廃。開催都市が複数の種目追加を提案できる権利が認められた。

 すると、テレビや新聞は、いの一番に「野球・ソフトボール」が復活するかのように報じているが、五輪の正式競技化を目指し努力してきた空手やスカッシュの関係者たちは、「ちょっと待て!」と腰を上げたはずだ。

 前出の有竹氏がこう言う。

「確かに野球は日本ではメジャーです。空手より組織力もしっかりしているし、スポンサーも多い。でも、野球は外来競技です。日本発祥の空手道は武道であり文化です。空手は世界に愛好者が約1億人もいて、競技人口は約6000万人。世界空手連盟に加盟する国と地域は188もある。日本の文化である空手道を、ぜひとも東京五輪の場で発信したいと願っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る