メジャー帰りは弊害ばかり 積極補強に走る日本球界の“魂胆”

公開日:  更新日:

「残念ながら、今の松坂に往時の力がないことは明らか。その松坂を本当にチーム再建の切り札と考えているなら、西武のフロントは不明もいいところです」

 のっけからこう言うのはメジャーにも詳しいプロ野球ファン吉川潮氏(作家)だ。5日に一部スポーツ紙が1面や裏1面で「西武、松坂獲り!!」とデカデカと報じたのを見て、「どうして、日本の球団のフロント幹部といわれる連中はこうも学習能力がないのか。呆れてしまいます」というだ。

 西武は今季、6月に伊原新監督が成績不振で休養。田辺監督代行が指揮を執ったものの、一度もAクラスに浮上することなくシーズンを終えた。ドン底に沈んだそんなチームの再建をかつてのエースに託したいという球団は松坂大輔(34)に、愛着のある背番号「18」を用意するだけでなく、一説には現年俸(1億5000万円)の倍以上の金額を準備しているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る