• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー帰りは弊害ばかり 積極補強に走る日本球界の“魂胆”

「残念ながら、今の松坂に往時の力がないことは明らか。その松坂を本当にチーム再建の切り札と考えているなら、西武のフロントは不明もいいところです」

 のっけからこう言うのはメジャーにも詳しいプロ野球ファン吉川潮氏(作家)だ。5日に一部スポーツ紙が1面や裏1面で「西武、松坂獲り!!」とデカデカと報じたのを見て、「どうして、日本の球団のフロント幹部といわれる連中はこうも学習能力がないのか。呆れてしまいます」というだ。

 西武は今季、6月に伊原新監督が成績不振で休養。田辺監督代行が指揮を執ったものの、一度もAクラスに浮上することなくシーズンを終えた。ドン底に沈んだそんなチームの再建をかつてのエースに託したいという球団は松坂大輔(34)に、愛着のある背番号「18」を用意するだけでなく、一説には現年俸(1億5000万円)の倍以上の金額を準備しているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る