メジャー帰りは弊害ばかり 積極補強に走る日本球界の“魂胆”

公開日: 更新日:

「残念ながら、今の松坂に往時の力がないことは明らか。その松坂を本当にチーム再建の切り札と考えているなら、西武のフロントは不明もいいところです」

 のっけからこう言うのはメジャーにも詳しいプロ野球ファン吉川潮氏(作家)だ。5日に一部スポーツ紙が1面や裏1面で「西武、松坂獲り!!」とデカデカと報じたのを見て、「どうして、日本の球団のフロント幹部といわれる連中はこうも学習能力がないのか。呆れてしまいます」というだ。

 西武は今季、6月に伊原新監督が成績不振で休養。田辺監督代行が指揮を執ったものの、一度もAクラスに浮上することなくシーズンを終えた。ドン底に沈んだそんなチームの再建をかつてのエースに託したいという球団は松坂大輔(34)に、愛着のある背番号「18」を用意するだけでなく、一説には現年俸(1億5000万円)の倍以上の金額を準備しているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る