• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

目を閉じると足裏で微妙な傾斜を感じ取れる

 国内男子ツアー最終戦・ゴルフ日本シリーズJTカップは、最終日に宮本勝昌が6バーディー、1ボギーの65で回り、通算9アンダーで逆転優勝を挙げた。賞金王争いは小田孔明が3位タイに入り、自身初の賞金王のタイトルを手に入れた。

 小田は「賞金ランキング」のタイトルの他に、「最優秀選手賞」「平均ストローク賞」「ゴルフ記者賞」を受賞している。

 今季男子ツアーは幕を閉じたが、テレビ中継を見ていて強く感じたのは、パッティングのライン読みの重要性。いくら良いショットを打ってバーディーチャンスにつけても、傾斜(ライン)を読み間違えてしまうとスコアを伸ばせない。パットは打ち方、距離感も大事だが、傾斜を正確に読む技術も極めて重要である。

 では、どうすれば傾斜を正しく読めるのか?

 グリーンの傾斜は目で確認するのが一般的だが、実はもうひとつ方法がある。前回も書いたが、アダム・スコットも実践しているシステム「エイムポイント・エクスプレス」では、目ではなく足裏感覚で傾斜を感じ取ることを指導している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る