球児レンジャーズへ フェリスとの“守護神”争いで勝ち目は?

公開日: 更新日:

 本人の決断は吉と出るか凶と出るか。カブスからFAとなっていた藤川球児(34)が12日(日本時間13日)、レンジャーズと1年契約を結ぶことが明らかになった。正式発表は日本時間15日以降に行われるメディカルチェックの結果次第だが、チーム関係者の話では「よほどのことがない限り、年俸1億~2億円+出来高のメジャー契約を結べる」という。

 藤川は13年6月に右ひじ靭帯修復のトミー・ジョン手術を受けた。故障明けの今季は15試合に登板して防御率4.85。そんな右腕が果たして結果を残せるのか。

 メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏は、「平均球速が上がれば活躍できる可能性はあります」とこう続ける。

「藤川は右ひじ手術をする前(13年)に比べ、直球の平均球速が今季(14年)約2.4キロほど落ちて約146キロでした。まずはこの数字を手術前の球速に戻すことが大前提となります。トミー・ジョン手術明けの2年目は、球速が手術以前よりアップするケースがありますからね。仮に球速が戻れば、高めの直球を見せ球にして、スプリットで三振が奪える投球が出来るはずなので、全盛期の活躍が見込めます。そのためには最低でも直球の球速は148キロ以上が必要です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る