球児レンジャーズへ フェリスとの“守護神”争いで勝ち目は?

公開日:  更新日:

 本人の決断は吉と出るか凶と出るか。カブスからFAとなっていた藤川球児(34)が12日(日本時間13日)、レンジャーズと1年契約を結ぶことが明らかになった。正式発表は日本時間15日以降に行われるメディカルチェックの結果次第だが、チーム関係者の話では「よほどのことがない限り、年俸1億~2億円+出来高のメジャー契約を結べる」という。

 藤川は13年6月に右ひじ靭帯修復のトミー・ジョン手術を受けた。故障明けの今季は15試合に登板して防御率4.85。そんな右腕が果たして結果を残せるのか。

 メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏は、「平均球速が上がれば活躍できる可能性はあります」とこう続ける。

「藤川は右ひじ手術をする前(13年)に比べ、直球の平均球速が今季(14年)約2.4キロほど落ちて約146キロでした。まずはこの数字を手術前の球速に戻すことが大前提となります。トミー・ジョン手術明けの2年目は、球速が手術以前よりアップするケースがありますからね。仮に球速が戻れば、高めの直球を見せ球にして、スプリットで三振が奪える投球が出来るはずなので、全盛期の活躍が見込めます。そのためには最低でも直球の球速は148キロ以上が必要です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る