浮上する阪神西岡“中堅コンバート” 「課題は送球」と元外野手

公開日: 更新日:

「二遊間にこだわってやっていく。一度ポジションが変わって、そこに戻るというのは難しい」

 阪神の西岡剛(30)が先日の契約更改後の会見で、和田監督が腹案としている「中堅コンバート案」に反発した。

 海外FA権を行使した鳥谷がメジャー移籍した場合、中堅の大和を遊撃に回し、空いた中堅に西岡を回すこのプラン。二塁に上本、三塁には今成、新井良が控えていることから、余剰戦力となりかねない西岡がはじき出されることになるわけだが、二塁、遊撃が本職の西岡はこれまで一軍で外野出場の経験がない。コンバートするならキャンプで一から鍛えなおす必要がある。

 過去に内野から外野に転向して成功した例は少なくない。入団時は遊撃手だった同僚の福留はその最たるものだろう。

■「来年31歳の西岡には酷」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る