浮上する阪神西岡“中堅コンバート” 「課題は送球」と元外野手

公開日:  更新日:

「二遊間にこだわってやっていく。一度ポジションが変わって、そこに戻るというのは難しい」

 阪神の西岡剛(30)が先日の契約更改後の会見で、和田監督が腹案としている「中堅コンバート案」に反発した。

 海外FA権を行使した鳥谷がメジャー移籍した場合、中堅の大和を遊撃に回し、空いた中堅に西岡を回すこのプラン。二塁に上本、三塁には今成、新井良が控えていることから、余剰戦力となりかねない西岡がはじき出されることになるわけだが、二塁、遊撃が本職の西岡はこれまで一軍で外野出場の経験がない。コンバートするならキャンプで一から鍛えなおす必要がある。

 過去に内野から外野に転向して成功した例は少なくない。入団時は遊撃手だった同僚の福留はその最たるものだろう。

■「来年31歳の西岡には酷」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る