• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリが糸井に大盤振る舞い…その先にある「仰天シナリオ」

 15日、オリックスの糸井嘉男(33)が契約更改。今季は首位打者を獲得するなど自己最高となる打率.331、19本塁打、81打点をマークし、1億円増となる3億5000万円プラス出来高の1年契約でサインした。

 来季は森脇監督の指名でキャプテンに就任する糸井は、「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を目指したい」と意欲を見せると、以前から熱望していたポスティングによるメジャー挑戦については、「今は考えていない」とアッサリ封印したものの、この大盤振る舞いは来オフに向けての布石という見方もある。

「糸井はすでに、来オフのポスティング容認について、確約をもらっているのかもしれない」とは、在阪のマスコミ関係者の話だ。

「16年オフに国内FA権を取得する糸井には、複数年契約の提示もあってしかるべき。それをあえて1年契約にしたのは、オリックスが来オフのメジャー挑戦を認める用意があるということだろう。オリックスでは、糸井以外にも金子、平野佳がメジャー志向を持っている。今オフに国内FA権を行使した金子は、オリックスに残留すれば来オフのポスティングを直訴するつもり。平野も国内FA権を行使せず3年総額9億円プラス出来高で残留したものの、来オフに取得する海外FA権を行使する場合は契約を破棄し、メジャー挑戦を認めるという条項があるともいわれている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る