A・ロッドの代役に ヘッドリー内野手とヤンキースが再契約

公開日:  更新日:

 今オフの補強では大幅に出遅れていた金満球団が、ようやく大物選手の獲得に動いた。

 ヤンキースは15日(日本時間16日)、今季終了後にFAになっていたチェイス・ヘッドリー内野手(30)と合意。スポーツ専門チャンネル「ESPN」(電子版)によれば、4年総額5200万ドル(約61億2000万円)。

 パドレス時代の12年に打点王(115打点)を獲得したヘッドリーは今年7月にトレードでヤンキースに移籍。今季は打率2割4分3厘、13本塁打、49打点と振るわなかったものの、ヤンキース加入後は随所に勝負強さを発揮した。

 来季はドーピングで1年間の出場停止処分を受けた主砲A・ロドリゲス三塁手(39)が復帰する。メジャー通算654本塁打を放っている長距離砲とはいえ、実戦不足は否めないことからヤンキースではDHで起用する方針。メジャー屈指の高給取りの代役をヘッドリーに託すという。

 来季のヤンキースの浮沈は薬漬けの高給取りではなく、ヘッドリーの出来にかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る