• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

希望条件とも一致 FA青木宣親にジャイアンツ入り急浮上

 依然として所属先が決まらない青木宣親(32=ロイヤルズFA)に新たに関心を示す球団が現れた。

 昨季のワールドシリーズで対戦したジャイアンツが外野の補強候補の一人にリストアップしているというのだ。NBCスポーツ(電子版)が4日(日本時間5日)に報じている。記事によれば、ジャイアンツは青木の守備力を高く評価しており、昨年12月にマーリンズにFA移籍したモース外野手の後釜として左翼で起用する方針としている。

 青木には複数の球団が関心を寄せており、3年契約を希望する青木側に対して、いずれの球団も2年契約を提示。条件面で隔たりがあるものの、青木側は強気な姿勢を崩していないという。

 青木をめぐっては、これまでレッズやオリオールズが獲得に動いたといわれるが、契約はまとまらなかった。青木は移籍先として「ワールドシリーズに出場する可能性が高いチーム」を条件の一つに挙げている。昨季、ワールドチャンピオンに輝いたジャイアンツなら青木の希望に合致する。今季の青木はジャイアンツの連覇に貢献するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る