希望条件とも一致 FA青木宣親にジャイアンツ入り急浮上

公開日:  更新日:

 依然として所属先が決まらない青木宣親(32=ロイヤルズFA)に新たに関心を示す球団が現れた。

 昨季のワールドシリーズで対戦したジャイアンツが外野の補強候補の一人にリストアップしているというのだ。NBCスポーツ(電子版)が4日(日本時間5日)に報じている。記事によれば、ジャイアンツは青木の守備力を高く評価しており、昨年12月にマーリンズにFA移籍したモース外野手の後釜として左翼で起用する方針としている。

 青木には複数の球団が関心を寄せており、3年契約を希望する青木側に対して、いずれの球団も2年契約を提示。条件面で隔たりがあるものの、青木側は強気な姿勢を崩していないという。

 青木をめぐっては、これまでレッズやオリオールズが獲得に動いたといわれるが、契約はまとまらなかった。青木は移籍先として「ワールドシリーズに出場する可能性が高いチーム」を条件の一つに挙げている。昨季、ワールドチャンピオンに輝いたジャイアンツなら青木の希望に合致する。今季の青木はジャイアンツの連覇に貢献するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る