鳥谷が「熟考に熟考」で阪神残留も…チーム内に残るしこり

公開日:  更新日:

 あまりの低評価に身を引くしかなかった。

 阪神は9日、海外FA宣言した鳥谷敬内野手(33)がチームに残留すると発表した。球団幹部が、鳥谷から8日夜に連絡が入ったと明かした。

 今オフ、海外FA権を行使してメジャー移籍を目指したベテラン内野手への各球団の評価は厳しかった。昨季はブルージェイズがスカウトを派遣して鳥谷の調査を続け、一時はメッツ、ナショナルズ、パドレスらが補強のリストに加えた。ブルージェイズは、正二塁手候補として獲得に動いたといわれるが、各球団とも評価は「5人目の内野手」。要するに内野のユーティリティーとして獲得を検討したに過ぎなかった。

「鳥谷はメジャーでの実績はなく、今年6月で34歳と年齢的に選手として下り坂に差し掛かる。レギュラーを確約して獲得するにはリスクが高い。メジャーの球団が提示するのは良くても1年250万ドル(約2億9000万円)程度でしょう。打席数に応じた出来高払いや、2年目は球団に選択権のあるオプションが付く可能性もあるが、いずれにしても控えの内野手だけに好条件は望めません」(ナ・リーグスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る