日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鳥谷が「熟考に熟考」で阪神残留も…チーム内に残るしこり

 あまりの低評価に身を引くしかなかった。

 阪神は9日、海外FA宣言した鳥谷敬内野手(33)がチームに残留すると発表した。球団幹部が、鳥谷から8日夜に連絡が入ったと明かした。

 今オフ、海外FA権を行使してメジャー移籍を目指したベテラン内野手への各球団の評価は厳しかった。昨季はブルージェイズがスカウトを派遣して鳥谷の調査を続け、一時はメッツ、ナショナルズ、パドレスらが補強のリストに加えた。ブルージェイズは、正二塁手候補として獲得に動いたといわれるが、各球団とも評価は「5人目の内野手」。要するに内野のユーティリティーとして獲得を検討したに過ぎなかった。

「鳥谷はメジャーでの実績はなく、今年6月で34歳と年齢的に選手として下り坂に差し掛かる。レギュラーを確約して獲得するにはリスクが高い。メジャーの球団が提示するのは良くても1年250万ドル(約2億9000万円)程度でしょう。打席数に応じた出来高払いや、2年目は球団に選択権のあるオプションが付く可能性もあるが、いずれにしても控えの内野手だけに好条件は望めません」(ナ・リーグスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事