呉昇桓も? 「メジャー行き」は阪神助っ人年俸増の常套手段

公開日:  更新日:

「阪神は来オフ、大金を積むんだろうな」

 某球団の渉外担当が阪神の守護神・呉昇桓(32)についてこう言った。

 呉は来日1年目の今季、39セーブを挙げて最優秀救援投手のタイトルを獲得。帰国後、韓国マスコミに「メジャーに進出することになれば、行って戦うべき」と発言して話題になった。

「呉は来季で2年契約が切れる。問題はメジャー挑戦が本気かどうか。阪神入りする時はメジャーとてんびんにかけたように見せ、結果として2年総額9億円ともいわれる好条件を引き出した。呉に代わる抑えはいない。新しい外国人投手を取るといっても当たり外れがある。最終的には大幅年俸増を用意して、必死で呉を引き留めることだろう」

 この渉外担当がこんな発言をするのは、阪神には“前例”があるからだ。さる阪神OBが引き取ってこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る