• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地元女性と婚活支援も 日ハム大谷「鎌ケ谷残留」を市長が懇願

 日本ハムの大谷翔平(20)が車の運転免許証の取得を当面、見合わせることがわかった。

 大谷は今季プロ3年目。日本ハムの高卒ルーキーはプロ3年目のオフに車の購入が解禁され、大谷は今オフ、ハンドルを握ることが可能になる。球団はすでに免許取得にゴーサインを出しているが、本人にその気がないようだ。

「翔平は今のところ免許取得を考えていないと聞いています。運転すると事故の危険性が生じるし、余計な神経を使う必要も出てくる。二刀流が軌道に乗るまでは運転はしない方がいい、と判断しているようです」とは球団関係者だ。

 現在、大谷が暮らす千葉県鎌ケ谷市の日本ハム選手寮は徒歩5分圏内に小さなコンビニが2軒あるだけ。車がなければ不便な場所だ。

 それでも大谷同様、車の免許を取らなかったのが、かつて日本ハムに所属したダルビッシュ(現レンジャーズ)だ。新人から順調にステップアップしながら退寮後も運転免許はあえて取らなかった。アメリカに渡った今も免許を取っていないのは、球場への通勤を含め、車の運転や事故を起こしたときの対応などで神経を使いたくないからだといわれる。大谷もそれだけ野球に集中したいに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る