日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷は自主トレ急ピッチも…「女房役」には課題山積

 日本ハム・大谷翔平(20)の自主トレ調整が急ピッチで進んでいる。

 13日には打者相手に計120球以上を投げ、周囲からは「翔平は開幕じゃなく、キャンプが始まる2月1日に合わせているのか?」という声が上がるほど。例年以上のハイペース調整を見せている。

 大谷は今季、エースで中軸という「本格二刀流」を視野に入れているとはいえ、不安要素もある。大谷のリードを担う捕手陣が問題山積だからだ。

 現在、チームの正捕手はプロ7年目の大野奨太(28)。昨季も大谷の全24試合中21試合で先発マスクをかぶり、剛腕を牽引した。盗塁阻止率・344はリーグ3位の強肩だが、そのリードに問題がある。「投手の個性を無視、あくまで自分の感性に基づいたリードが多い」と投手陣からの評判は芳しくないのだ。

 第2捕手・市川友也(29)は昨年12月に持病だったヘルニア手術を受けたばかりの「病み上がり」。開幕から100%のプレーができる保証はない。正捕手候補のひとりだった近藤健介(21)は送球イップスの影響で内野手にコンバートされ、捕手復帰のメドは立っていない。ソフトボール出身のプロ4年目・大嶋匠(24)や2年目の石川亮(19)、高卒ルーキーの清水優心(18)も現時点では「一軍クラスではない」(チーム関係者)というように、2番手以下の捕手も大谷の能力を最大限に引き出せるとは思えないのだ。

 大谷が「女房」に足を引っ張られる可能性は高い――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事