• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム中田“玉突き”とばっちり 今年は「一塁転向」プラン浮上

 昨年、三塁コンバートが頓挫した左翼手の中田翔(25=日本ハム)に、今年は一塁転向プランが持ち上がっている。

「昨年5月、左足骨折でシーズンの大半を棒に振った2年目の外野手・岡大海(23)に復帰のメドが立った。彼を右翼に据えることによる玉突き人事と聞いています」と、日本ハムOBがこう言った。

「岡は明大時代、投手もやっていて、走攻守三拍子そろった選手。ケガから復帰後、筋トレの成果で体がひと回り大きくなり、パワーもついた。栗山監督はこの岡を右翼に据え、右翼を守ることが多かった西川(22)を左翼へもっていくプランをもっています。左翼を守っていた中田の守備位置は一塁になることが濃厚です」

■「ますます楽をするんじゃ…」という指摘も

 昨年の三塁コンバートは、少しでも守備の負担を軽減しようという首脳陣の配慮がきっかけだった。しかし、今年は事情が異なる。若手の抜擢により、結果として左翼を追い出される格好だ。再びこのOB氏の話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る