日ハム中田“玉突き”とばっちり 今年は「一塁転向」プラン浮上

公開日:  更新日:

 昨年、三塁コンバートが頓挫した左翼手の中田翔(25=日本ハム)に、今年は一塁転向プランが持ち上がっている。

「昨年5月、左足骨折でシーズンの大半を棒に振った2年目の外野手・岡大海(23)に復帰のメドが立った。彼を右翼に据えることによる玉突き人事と聞いています」と、日本ハムOBがこう言った。

「岡は明大時代、投手もやっていて、走攻守三拍子そろった選手。ケガから復帰後、筋トレの成果で体がひと回り大きくなり、パワーもついた。栗山監督はこの岡を右翼に据え、右翼を守ることが多かった西川(22)を左翼へもっていくプランをもっています。左翼を守っていた中田の守備位置は一塁になることが濃厚です」

■「ますます楽をするんじゃ…」という指摘も

 昨年の三塁コンバートは、少しでも守備の負担を軽減しようという首脳陣の配慮がきっかけだった。しかし、今年は事情が異なる。若手の抜擢により、結果として左翼を追い出される格好だ。再びこのOB氏の話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る