日ハム中田“玉突き”とばっちり 今年は「一塁転向」プラン浮上

公開日:  更新日:

 昨年、三塁コンバートが頓挫した左翼手の中田翔(25=日本ハム)に、今年は一塁転向プランが持ち上がっている。

「昨年5月、左足骨折でシーズンの大半を棒に振った2年目の外野手・岡大海(23)に復帰のメドが立った。彼を右翼に据えることによる玉突き人事と聞いています」と、日本ハムOBがこう言った。

「岡は明大時代、投手もやっていて、走攻守三拍子そろった選手。ケガから復帰後、筋トレの成果で体がひと回り大きくなり、パワーもついた。栗山監督はこの岡を右翼に据え、右翼を守ることが多かった西川(22)を左翼へもっていくプランをもっています。左翼を守っていた中田の守備位置は一塁になることが濃厚です」

■「ますます楽をするんじゃ…」という指摘も

 昨年の三塁コンバートは、少しでも守備の負担を軽減しようという首脳陣の配慮がきっかけだった。しかし、今年は事情が異なる。若手の抜擢により、結果として左翼を追い出される格好だ。再びこのOB氏の話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る