5カ月の三塁練習がフイ 日ハム・中田は左翼復帰で打撃爆発

公開日: 更新日:

 開幕戦まで1週間に迫っても、首脳陣は「三塁手・中田」に頭を悩ませている。守備面では成長を続けているものの、肝心の打撃が一向に上向いてこないからだ。

 日本ハムは「内野手の長距離砲を育てたい」という方針のもと、外野手として実績を残しつつある中田を昨シーズンが終わった直後の秋季キャンプから三塁に転向させた。

 ところが「三塁」はよほど居心地が悪いようで、打撃に精彩を欠き、このオープン戦も打率1割台と絶不調。

 そこで、首脳陣は19日のソフトバンク戦で“古巣”の左翼に戻すと、その試合で1発を含む3安打といきなり爆発した。

 中田と親しい関係者はこう言う。

「外野の守備というのは、それほど複雑な動きや頭を使うこともない。でも、内野手は併殺やバント守備、サインによるピックオフ(牽制刺殺)などがある。大事な試合で1点を争うときはかなり神経を使う。その中でも三塁は比較的動きが少ないポジションです。それでも翔(中田)の打撃には影響している。本人は三塁転向当初、『サードも外野も一緒』と話していたが、今では『やっぱ内野は疲れる』と漏らしていますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る