創設80周年の阪神 江夏豊臨時コーチの“副作用”を懸念の声

公開日: 更新日:

「こういう場を大事にしてほしいよな」

 参加した阪神OBからこんな声が出たという。

 16日に行われた阪神OB有志による「天地会」の懇親会。85年日本一、87年最下位を経験した吉田義男氏、真弓明信氏、岡田彰布氏、中村GMらが集まった会に、和田監督は所用のため、2年連続の欠席となった。

 和田監督は85年に入団し、いまや現役の監督。吉田氏は「和田阪神を盛り上げていきたい」と話した一方、「思うようにやるということ。いかに若手を出すか。ぶれずにやってほしい。巨人が怖がっているのは阪神だから」と注文をつけた。あるマスコミ関係者が言う。

「今季は、球団創設80周年で、日本一から30年。OBたちが優勝、日本一に向けてバックアップ態勢を整えようとしている矢先に、すきま風が吹いては元も子もない。和田監督は1年契約であり、昨季は3位に終われば解任といわれていた。今年はキャンプ、オープン戦から厳しい目で見られる。少しでも負けが込めば、昨季終盤のようにファンやマスコミ、OBからの風当たりが強くなる。しっかりと“外野”を味方につけておくことが大事だ。天地会の面々はスポーツ紙の評論家も多く、発言力もある。酒の一つでも酌み交わして頭を下げておけば、少なからず新聞やテレビで後方支援が期待できただろうに」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る