• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

創設80周年の阪神 江夏豊臨時コーチの“副作用”を懸念の声

「こういう場を大事にしてほしいよな」

 参加した阪神OBからこんな声が出たという。

 16日に行われた阪神OB有志による「天地会」の懇親会。85年日本一、87年最下位を経験した吉田義男氏、真弓明信氏、岡田彰布氏、中村GMらが集まった会に、和田監督は所用のため、2年連続の欠席となった。

 和田監督は85年に入団し、いまや現役の監督。吉田氏は「和田阪神を盛り上げていきたい」と話した一方、「思うようにやるということ。いかに若手を出すか。ぶれずにやってほしい。巨人が怖がっているのは阪神だから」と注文をつけた。あるマスコミ関係者が言う。

「今季は、球団創設80周年で、日本一から30年。OBたちが優勝、日本一に向けてバックアップ態勢を整えようとしている矢先に、すきま風が吹いては元も子もない。和田監督は1年契約であり、昨季は3位に終われば解任といわれていた。今年はキャンプ、オープン戦から厳しい目で見られる。少しでも負けが込めば、昨季終盤のようにファンやマスコミ、OBからの風当たりが強くなる。しっかりと“外野”を味方につけておくことが大事だ。天地会の面々はスポーツ紙の評論家も多く、発言力もある。酒の一つでも酌み交わして頭を下げておけば、少なからず新聞やテレビで後方支援が期待できただろうに」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

もっと見る