日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松井秀、大田の例も 巨人ドラ1岡本に早くも「外野転向」の声

 ドラ1に早くも“メス”が入るかもしれない。昨26日、新人合同自主トレを打ち上げた巨人。

「ケガをしないように」と話していたドラフト1位の岡本和真(18=智弁学園)は、18日に腰痛を発症し、キャンプ二軍スタートが決まっているが、ドキドキの初キャンプでは、さらなる試練が待っているかもしれない。三塁の守備である。

 3年夏の甲子園では一塁手。山下スカウト部長も「三塁の守備は時間がかかるだろうね」と話している。原監督は後藤二軍内野守備走塁コーチに「早期育成」を厳命しているというから責任重大。それでも見込みがなければ、「三塁は早めに見切りをつけて、外野の練習をさせるかもしれない」とチーム関係者がこう言うのだ。

「原監督は『将来の4番・三塁にしたい』と公言してはいる。しかし、球団や監督が望んでいるのは、あくまで『生え抜きの4番打者』であって『三塁』のポジションではない。高校時代、三塁手だった松井を、当時の長嶋監督はプロ入りと同時に外野に転向させている。大田は三塁を3年間やって外野へコンバートされた。大田は送球イップスに悩み、打撃面にも影響。一軍に定着できない要因となった。大田の二の舞いにならないよう、岡本の守備力を早めに判断する必要がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事