松井秀、大田の例も 巨人ドラ1岡本に早くも「外野転向」の声

公開日:  更新日:

 ドラ1に早くも“メス”が入るかもしれない。昨26日、新人合同自主トレを打ち上げた巨人。

「ケガをしないように」と話していたドラフト1位の岡本和真(18=智弁学園)は、18日に腰痛を発症し、キャンプ二軍スタートが決まっているが、ドキドキの初キャンプでは、さらなる試練が待っているかもしれない。三塁の守備である。

 3年夏の甲子園では一塁手。山下スカウト部長も「三塁の守備は時間がかかるだろうね」と話している。原監督は後藤二軍内野守備走塁コーチに「早期育成」を厳命しているというから責任重大。それでも見込みがなければ、「三塁は早めに見切りをつけて、外野の練習をさせるかもしれない」とチーム関係者がこう言うのだ。

「原監督は『将来の4番・三塁にしたい』と公言してはいる。しかし、球団や監督が望んでいるのは、あくまで『生え抜きの4番打者』であって『三塁』のポジションではない。高校時代、三塁手だった松井を、当時の長嶋監督はプロ入りと同時に外野に転向させている。大田は三塁を3年間やって外野へコンバートされた。大田は送球イップスに悩み、打撃面にも影響。一軍に定着できない要因となった。大田の二の舞いにならないよう、岡本の守備力を早めに判断する必要がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る