22年ぶりキャンプ一軍始動 巨人が岡本に託す“松坂対策”

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(56)はもう決めているともっぱらだ。ドラフト1位・岡本和真(18=智弁学園高)の春季キャンプ一軍スタートだ。

 新人合同自主トレは昨12日から第2クール。高卒ドラ1野手の一軍スタートは93年の松井秀喜以来、22年ぶりのことだが、「ケガさえなければ一軍スタートさせるつもりみたい」と関係者は明かしている。昨年末、原監督は「十分ある。やみくもに最初から二軍でスタートしようというのはない」と明言。一軍スタートを示唆していた。

 巨人の話題は、阿部の一塁転向と坂本が新主将に就任したことくらい。即戦力でなくても一軍という指揮官には「キャンプの話題づくり」の思惑もあるようだ。さる球界関係者がこう言う。

「原監督が近くでドラ1ルーキーを見たいというのもあるだろうが、『松坂対策』の意味合いが大きいのではないか。同じ宮崎でキャンプを張るソフトバンクに、あの松坂大輔がやってくる。フィーバーが予想され、話題を根こそぎ持っていかれる不安がある。キャンプではやっぱり新戦力の話題が中心。巨人はこのオフ、大物の補強を行っていない。原監督が獲得を熱望したものの、水面下で交渉が決裂したという松坂への対抗策として、将来の4番候補の岡本に一肌脱いでもらおうということなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る