22年ぶりキャンプ一軍始動 巨人が岡本に託す“松坂対策”

公開日:  更新日:

 巨人の原辰徳監督(56)はもう決めているともっぱらだ。ドラフト1位・岡本和真(18=智弁学園高)の春季キャンプ一軍スタートだ。

 新人合同自主トレは昨12日から第2クール。高卒ドラ1野手の一軍スタートは93年の松井秀喜以来、22年ぶりのことだが、「ケガさえなければ一軍スタートさせるつもりみたい」と関係者は明かしている。昨年末、原監督は「十分ある。やみくもに最初から二軍でスタートしようというのはない」と明言。一軍スタートを示唆していた。

 巨人の話題は、阿部の一塁転向と坂本が新主将に就任したことくらい。即戦力でなくても一軍という指揮官には「キャンプの話題づくり」の思惑もあるようだ。さる球界関係者がこう言う。

「原監督が近くでドラ1ルーキーを見たいというのもあるだろうが、『松坂対策』の意味合いが大きいのではないか。同じ宮崎でキャンプを張るソフトバンクに、あの松坂大輔がやってくる。フィーバーが予想され、話題を根こそぎ持っていかれる不安がある。キャンプではやっぱり新戦力の話題が中心。巨人はこのオフ、大物の補強を行っていない。原監督が獲得を熱望したものの、水面下で交渉が決裂したという松坂への対抗策として、将来の4番候補の岡本に一肌脱いでもらおうということなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る