日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

22年ぶりキャンプ一軍始動 巨人が岡本に託す“松坂対策”

 巨人の原辰徳監督(56)はもう決めているともっぱらだ。ドラフト1位・岡本和真(18=智弁学園高)の春季キャンプ一軍スタートだ。

 新人合同自主トレは昨12日から第2クール。高卒ドラ1野手の一軍スタートは93年の松井秀喜以来、22年ぶりのことだが、「ケガさえなければ一軍スタートさせるつもりみたい」と関係者は明かしている。昨年末、原監督は「十分ある。やみくもに最初から二軍でスタートしようというのはない」と明言。一軍スタートを示唆していた。

 巨人の話題は、阿部の一塁転向と坂本が新主将に就任したことくらい。即戦力でなくても一軍という指揮官には「キャンプの話題づくり」の思惑もあるようだ。さる球界関係者がこう言う。

「原監督が近くでドラ1ルーキーを見たいというのもあるだろうが、『松坂対策』の意味合いが大きいのではないか。同じ宮崎でキャンプを張るソフトバンクに、あの松坂大輔がやってくる。フィーバーが予想され、話題を根こそぎ持っていかれる不安がある。キャンプではやっぱり新戦力の話題が中心。巨人はこのオフ、大物の補強を行っていない。原監督が獲得を熱望したものの、水面下で交渉が決裂したという松坂への対抗策として、将来の4番候補の岡本に一肌脱いでもらおうということなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事