22年ぶりキャンプ一軍始動 巨人が岡本に託す“松坂対策”

公開日:  更新日:

 巨人の原辰徳監督(56)はもう決めているともっぱらだ。ドラフト1位・岡本和真(18=智弁学園高)の春季キャンプ一軍スタートだ。

 新人合同自主トレは昨12日から第2クール。高卒ドラ1野手の一軍スタートは93年の松井秀喜以来、22年ぶりのことだが、「ケガさえなければ一軍スタートさせるつもりみたい」と関係者は明かしている。昨年末、原監督は「十分ある。やみくもに最初から二軍でスタートしようというのはない」と明言。一軍スタートを示唆していた。

 巨人の話題は、阿部の一塁転向と坂本が新主将に就任したことくらい。即戦力でなくても一軍という指揮官には「キャンプの話題づくり」の思惑もあるようだ。さる球界関係者がこう言う。

「原監督が近くでドラ1ルーキーを見たいというのもあるだろうが、『松坂対策』の意味合いが大きいのではないか。同じ宮崎でキャンプを張るソフトバンクに、あの松坂大輔がやってくる。フィーバーが予想され、話題を根こそぎ持っていかれる不安がある。キャンプではやっぱり新戦力の話題が中心。巨人はこのオフ、大物の補強を行っていない。原監督が獲得を熱望したものの、水面下で交渉が決裂したという松坂への対抗策として、将来の4番候補の岡本に一肌脱いでもらおうということなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る