• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人開幕スタメン「アラフォー4人」も 坂本腰痛発症で現実味

 巨人の坂本勇人(26)が腰痛を発症し、27日の宮崎入りを見送った。一軍メンバーは28日からの合同自主トレのために移動。この中に姿がなかった新主将は、31日までにはキャンプ地に入る予定というが、楽観はできない。

 坂本にとって腰は“古傷”。10年のクライマックスシリーズでは、最初の2試合を腰痛のために欠場した。昨季終盤にも腰痛を訴えて途中交代したことがある。いわゆる「腰痛持ち」なのだ。

 対照的に、俄然勢いを増してきそうなのが「アラフォー4人衆」である。

「今年は開幕からレギュラーを取る」と宣言している内野のスーパーサブ・井端弘和(39)は腕まくり。正捕手の座を2年目の小林と争うヤクルトからFA入団した相川亮二(38)だって、レギュラー奪取の可能性は十分ある。

 外野枠もそうだ。今年は“大穴”が食い込む余地はある。ピンピンしていればスタメン濃厚の長野とアンダーソンがともに手術明け。2人はキャンプ二軍スタートとなっている。調整が遅れるようなら、打撃コーチ兼任の高橋由伸(39)やDeNAからFA加入した金城龍彦(38)がそろって開幕スタメンに名を連ねるかもしれない。あるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る