日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人開幕スタメン「アラフォー4人」も 坂本腰痛発症で現実味

 巨人の坂本勇人(26)が腰痛を発症し、27日の宮崎入りを見送った。一軍メンバーは28日からの合同自主トレのために移動。この中に姿がなかった新主将は、31日までにはキャンプ地に入る予定というが、楽観はできない。

 坂本にとって腰は“古傷”。10年のクライマックスシリーズでは、最初の2試合を腰痛のために欠場した。昨季終盤にも腰痛を訴えて途中交代したことがある。いわゆる「腰痛持ち」なのだ。

 対照的に、俄然勢いを増してきそうなのが「アラフォー4人衆」である。

「今年は開幕からレギュラーを取る」と宣言している内野のスーパーサブ・井端弘和(39)は腕まくり。正捕手の座を2年目の小林と争うヤクルトからFA入団した相川亮二(38)だって、レギュラー奪取の可能性は十分ある。

 外野枠もそうだ。今年は“大穴”が食い込む余地はある。ピンピンしていればスタメン濃厚の長野とアンダーソンがともに手術明け。2人はキャンプ二軍スタートとなっている。調整が遅れるようなら、打撃コーチ兼任の高橋由伸(39)やDeNAからFA加入した金城龍彦(38)がそろって開幕スタメンに名を連ねるかもしれない。あるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事