「まともな指導者がいない」 広岡達朗氏が古巣巨人をバッサリ

公開日: 更新日:

巨人の厳しい伝統が薄れてしまっていますよ」。こう苦言を呈するのは、巨人OBであり、ヤクルト西武の監督として優勝、日本一を達成した広岡達朗氏(82)。今季の巨人は坂本勇人(26)が主将に就任、阿部慎之助(35)を一塁にコンバートするなど、4連覇に向けて舵を切った。そんな古巣の動きを広岡氏が、1時間にわたって一刀両断――。

■フロントに電話

 巨人というチームは、他球団の模範になるべきである、というのは私の以前からの持論です。プロ野球80年、巨人は常にその中心にいる。故正力松太郎オーナーは「大リーグに追いつけ、追い越せ。それが巨人の宿命である」と言った。今の巨人にはその伝統が薄れている気がしてなりません。

 昨年、リーグ優勝を果たしたものの、CSで敗退した。にもかかわらず、のんきにハワイに優勝旅行に出かけてる。本来なら辞退すべきです。思わず巨人のフロントに電話しました。「あの戦力ならリーグ優勝は当たり前。日本一になって初めてよし、ではありませんか。それでは正力さんが許してくれませんよ」とね。巨人が優勝旅行を取りやめていたら、他球団も刺激を受けるはずなんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る