「まともな指導者がいない」 広岡達朗氏が古巣巨人をバッサリ

公開日: 更新日:

巨人の厳しい伝統が薄れてしまっていますよ」。こう苦言を呈するのは、巨人OBであり、ヤクルト西武の監督として優勝、日本一を達成した広岡達朗氏(82)。今季の巨人は坂本勇人(26)が主将に就任、阿部慎之助(35)を一塁にコンバートするなど、4連覇に向けて舵を切った。そんな古巣の動きを広岡氏が、1時間にわたって一刀両断――。

■フロントに電話

 巨人というチームは、他球団の模範になるべきである、というのは私の以前からの持論です。プロ野球80年、巨人は常にその中心にいる。故正力松太郎オーナーは「大リーグに追いつけ、追い越せ。それが巨人の宿命である」と言った。今の巨人にはその伝統が薄れている気がしてなりません。

 昨年、リーグ優勝を果たしたものの、CSで敗退した。にもかかわらず、のんきにハワイに優勝旅行に出かけてる。本来なら辞退すべきです。思わず巨人のフロントに電話しました。「あの戦力ならリーグ優勝は当たり前。日本一になって初めてよし、ではありませんか。それでは正力さんが許してくれませんよ」とね。巨人が優勝旅行を取りやめていたら、他球団も刺激を受けるはずなんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る