「まともな指導者がいない」 広岡達朗氏が古巣巨人をバッサリ

公開日:  更新日:

「巨人の厳しい伝統が薄れてしまっていますよ」。こう苦言を呈するのは、巨人OBであり、ヤクルト、西武の監督として優勝、日本一を達成した広岡達朗氏(82)。今季の巨人は坂本勇人(26)が主将に就任、阿部慎之助(35)を一塁にコンバートするなど、4連覇に向けて舵を切った。そんな古巣の動きを広岡氏が、1時間にわたって一刀両断――。

■フロントに電話

 巨人というチームは、他球団の模範になるべきである、というのは私の以前からの持論です。プロ野球80年、巨人は常にその中心にいる。故正力松太郎オーナーは「大リーグに追いつけ、追い越せ。それが巨人の宿命である」と言った。今の巨人にはその伝統が薄れている気がしてなりません。

 昨年、リーグ優勝を果たしたものの、CSで敗退した。にもかかわらず、のんきにハワイに優勝旅行に出かけてる。本来なら辞退すべきです。思わず巨人のフロントに電話しました。「あの戦力ならリーグ優勝は当たり前。日本一になって初めてよし、ではありませんか。それでは正力さんが許してくれませんよ」とね。巨人が優勝旅行を取りやめていたら、他球団も刺激を受けるはずなんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る