巨人高卒3年目・辻が一軍へ 原監督“サプライズ抜擢”の理由

公開日: 更新日:

 巨人は19日、2月1日からの春季キャンプの一軍メンバーを発表した。ドラフト2位・戸根(日大)と3位・高木勇(三菱重工名古屋)の新人両投手が入った他、サプライズは高卒3年目内野手の辻東倫(20)の抜擢だろう。

 パンチ力がセールスポイント。昨春の二軍キャンプでは、同じ右投げ左打ちの松井秀喜臨時コーチから直接指導を受けた有望株だ。二軍での2年間の打率は.213、.222ながら、昨年7月に全18試合で打率.328を叩き出し、ファームの月間MVPを受賞。昨季は二軍でチームトップの108試合に出場した。昨年から2年連続で高橋由の沖縄自主トレに同行している。

 原辰徳監督(56)の“懺悔”の意味合いもありそうだ。FAで捕手の相川亮二(38)を獲得した見返りの人的補償で、高卒2年目内野手の奥村展征(19)がヤクルトへ流出してしまった。原監督が戦力になるベテランを厚めにプロテクトしたことが招いた悲劇である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る