日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FA人的補償で奥村とられた巨人に「育成放棄だ」と怒りの声

 まさか、の人選になった。ヤクルトが9日、巨人にFA移籍した相川の人的補償として、高卒2年目の内野手・奥村展征(19=右投げ左打ち)を獲得。同日に入団会見を行い、「驚いたけれど、やってやろうという気になった」と意気込んだ。

 FA補償を巡っては当初、補強ポイントの投手や外野手の獲得が検討された。一軍での実績が何もない19歳に白羽の矢を立てたのには、球界でもオドロキの声が多いが、会見に同席した小川SDは「若い野手が手薄で、将来性を最優先した。広角に打てるバットコントロールが非常にいい。間違いなくレギュラーで戦える素質」とゾッコン。二軍首脳陣からの推薦も決め手となり、球団内では将来の遊撃のレギュラー候補として高く期待している。

 日大山形から13年ドラフト4位で入団した奥村は、高校時代は1年春からレギュラー、3年夏は主将兼4番として甲子園ベスト4に導いた。父は甲西高(滋賀)の監督、元政治家の祖父も甲賀高(滋賀)での監督経験があるというサラブレッドでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事