タイトルか引退か…巨人・阿部 一塁転向でむしろ崖っぷち

公開日: 更新日:

 原監督は「三冠王を」なんて言っている。

 14年にわたって巨人の正捕手を務めてきた阿部慎之助(35)が、今季から一塁にコンバートされることになって、周囲には好意的な見方があふれている。「精神的にも負担の大きい正捕手というポジションを離れ、打撃に集中できるのは大きい」「故障がちな体のことを考えれば、一塁転向で選手寿命は間違いなく延びる」というのだが、阿部の母校・中大の元監督で評論家の高橋善正氏は逆の見方をする。

「一塁転向でむしろ、現役選手として崖っぷちに立たされた、とみるべきでしょう。確かに、一塁専任のプラスはある。ここ数年は首、左ふくらはぎ、腰を痛めて満身創痍だった。正捕手としての投手のリードを含めて主将、主砲と一人何役も背負ってきた重圧から解放されれば、心身の負担は減るでしょう。逆に言えば、バッティングで圧倒的な成績を残さなければいけなくなった。昨年の阿部の成績は131試合で打率.248、19本塁打、57打点。不振を極めたが、それでも<扇の要として投手陣を牽引してるから>とか<主将としてチームをまとめているから>と周囲はそういう目で見てくれた。仕方がないと。一塁専任の今季はそういうエクスキューズがなくなるわけですからね。当然、期待される数字のハードルは上がります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る