タイトルか引退か…巨人・阿部 一塁転向でむしろ崖っぷち

公開日:  更新日:

 原監督は「三冠王を」なんて言っている。

 14年にわたって巨人の正捕手を務めてきた阿部慎之助(35)が、今季から一塁にコンバートされることになって、周囲には好意的な見方があふれている。「精神的にも負担の大きい正捕手というポジションを離れ、打撃に集中できるのは大きい」「故障がちな体のことを考えれば、一塁転向で選手寿命は間違いなく延びる」というのだが、阿部の母校・中大の元監督で評論家の高橋善正氏は逆の見方をする。

「一塁転向でむしろ、現役選手として崖っぷちに立たされた、とみるべきでしょう。確かに、一塁専任のプラスはある。ここ数年は首、左ふくらはぎ、腰を痛めて満身創痍だった。正捕手としての投手のリードを含めて主将、主砲と一人何役も背負ってきた重圧から解放されれば、心身の負担は減るでしょう。逆に言えば、バッティングで圧倒的な成績を残さなければいけなくなった。昨年の阿部の成績は131試合で打率.248、19本塁打、57打点。不振を極めたが、それでも<扇の要として投手陣を牽引してるから>とか<主将としてチームをまとめているから>と周囲はそういう目で見てくれた。仕方がないと。一塁専任の今季はそういうエクスキューズがなくなるわけですからね。当然、期待される数字のハードルは上がります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る