「結婚したい」田中理恵と「夜の首位打者」巨人・坂本のハードル

公開日:  更新日:

 3日、元体操日本代表の田中理恵(27)が種苗メーカーのイベント「桃太郎トマトの学校」の特別授業に先生として登場。今年3月に巨人・坂本勇人(25)との交際が報じられた田中に「甘い話が聞かれてますが」という質問が飛ぶと、笑顔がみるみる曇った。これを隣にいた「ロザン」菅広文(37)が「ノーコメントで。そういうコメントは受け付けない」とマネジャーばりに助け舟。その後の質問にも田中は沈黙を守り、最後は菅が「すいませんでした!」と大声で謝っていた。

 発売中の写真週刊誌「フライデー」には2人の近況が詳報。田中は知人女性と居酒屋で楽しみ、坂本は巨人の後輩・菅野智之(24)らと合コン後、お持ち帰りもせずにおとなしくタクシーで帰る様子が掲載。「交際は順調」という関係者のコメントもあるが、一部ではこんな声もある。

「最近、結婚について聞かれた坂本は<結婚? ないない>と即答。すでに別れているというウワサもあります。それでも、田中の方は坂本と結婚したい気マンマンで、芸能界の友人にも<結婚にこぎつけるにはどうしたらいいか>と相談しているそうです。田中の結婚への本気度は相当なもの。ただ、あの坂本がおとなしく身を固めるとは思えませんが」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る