日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワインドアップ挑戦の日ハム大谷に「デメリット大きい」の声

 どこまで本気なのか。二刀流に挑戦中の大谷翔平(20)が今季、投手として「ワインドアップ投法」を取り入れる可能性を示唆。スポーツ紙が「ワインドアップで勝負」とデカデカと取り上げている。

 花巻東高時代にワインドアップで投げていた大谷はプロ入り後、1年目はノーワインドアップ、2年目はセットポジションに変えて初の2ケタとなる11勝を挙げ、日本人最速記録となる162キロをマークした。昨年の活躍に満足せず、沖縄で自主トレを開始してからもキャッチボール、ブルペンでワインドアップを試しており、本人も「方向付け(制球)がしにくい」としながらも、「反動がつく分、動きやすい部分はある」と話している。

 先日、成人式に出席した大谷は、「誰もが無理だと思う『170キロ』を目指す価値はある」と言っていた。新投法はそれに向けたチャレンジの一環とスポーツ紙は書くのだが、評論家の広岡達朗氏が、「『ワインドアップ解禁』なんて、何を騒いでいるのか。ワインドアップだろうがセットポジションだろうが、どちらでもいいんです。投げ方は大した問題じゃない」と言えば、日本ハムOBの高橋善正氏(評論家)は、「ワインドアップにすれば、反動がつけられる分、球速、球威が増す可能性はあるけど」と前置きした上で、こう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事