熾烈な楽天一軍ブルペン 安楽の右ヒジ痛再発を周囲が不安視

公開日:  更新日:

「最初は二軍スタートの方がいいのでは……」

 22日に発表された楽天の一、二軍キャンプの振り分け。1週間が経った今でも球団内で不安視されているのが、一軍スタートが決まった新人の安楽智大(18)だ。

 安楽は高校2年のセンバツで772球を投げ、夏の甲子園後、右ヒジを故障。昨年もその影響に苦しんでいた。楽天入団後はすでにブルペンで投げるなど、本人も「問題はない」と一蹴。しかし、一軍キャンプとなれば話は別だ。

 ある球界OBが言う。「昔のキャンプならいざ知らず、今は初日からローテ投手がブルペン入りするのは当たり前。もちろんコーチ陣はルーキーに『無理はするな』と伝えるが、周囲の雰囲気にのまれてブルペンに入らなきゃいけないような気持ちになるという。安楽は甲子園で球数制限の論争が起きるほど熱投したように、向こうっ気が強い選手。『よし、オレも!』となって飛ばしすぎたら、それこそ右ヒジ痛が再発しかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る