熾烈な楽天一軍ブルペン 安楽の右ヒジ痛再発を周囲が不安視

公開日: 更新日:

「最初は二軍スタートの方がいいのでは……」

 22日に発表された楽天の一、二軍キャンプの振り分け。1週間が経った今でも球団内で不安視されているのが、一軍スタートが決まった新人の安楽智大(18)だ。

 安楽は高校2年のセンバツで772球を投げ、夏の甲子園後、右ヒジを故障。昨年もその影響に苦しんでいた。楽天入団後はすでにブルペンで投げるなど、本人も「問題はない」と一蹴。しかし、一軍キャンプとなれば話は別だ。

 ある球界OBが言う。「昔のキャンプならいざ知らず、今は初日からローテ投手がブルペン入りするのは当たり前。もちろんコーチ陣はルーキーに『無理はするな』と伝えるが、周囲の雰囲気にのまれてブルペンに入らなきゃいけないような気持ちになるという。安楽は甲子園で球数制限の論争が起きるほど熱投したように、向こうっ気が強い選手。『よし、オレも!』となって飛ばしすぎたら、それこそ右ヒジ痛が再発しかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る