• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熾烈な楽天一軍ブルペン 安楽の右ヒジ痛再発を周囲が不安視

「最初は二軍スタートの方がいいのでは……」

 22日に発表された楽天の一、二軍キャンプの振り分け。1週間が経った今でも球団内で不安視されているのが、一軍スタートが決まった新人の安楽智大(18)だ。

 安楽は高校2年のセンバツで772球を投げ、夏の甲子園後、右ヒジを故障。昨年もその影響に苦しんでいた。楽天入団後はすでにブルペンで投げるなど、本人も「問題はない」と一蹴。しかし、一軍キャンプとなれば話は別だ。

 ある球界OBが言う。「昔のキャンプならいざ知らず、今は初日からローテ投手がブルペン入りするのは当たり前。もちろんコーチ陣はルーキーに『無理はするな』と伝えるが、周囲の雰囲気にのまれてブルペンに入らなきゃいけないような気持ちになるという。安楽は甲子園で球数制限の論争が起きるほど熱投したように、向こうっ気が強い選手。『よし、オレも!』となって飛ばしすぎたら、それこそ右ヒジ痛が再発しかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る