スカウトが怒りと不安「済美・安楽はプロ入り前に壊される」

公開日: 更新日:

「いい加減にしてくれ!」
 プロのスカウトも思わず叫んだという。

 MAX157キロの速球を武器に、高校生ナンバーワン右腕との呼び声も高い済美の安楽智大(3年)。今夏の甲子園、今秋ドラフトの目玉といわれている。

 その剛腕投手が、6日に明徳義塾と行った練習試合で7回3分の1で2本塁打を含む13安打7失点と炎上。直球も138キロ止まりだった。試合前の練習で右足首をひねり、試合中に一塁ベースカバーに入った際、さらに悪化させたようだ。

 それでも上甲正典監督(67)は構わず投げさせた。

「足を気にしていたから『五回で代わるか』と聞いたら『行く』と。痛めたのなら大事な時に運がない」

 たかが練習試合。無理をさせる必要はどこにもなかったはずだ。プロのスカウトが「ドラフト候補を潰す気か!」と憤るのも無理はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る