• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天・安楽に新人研修会で“一本”取られた巨人・岡本の意地

「安楽は安楽なんで」

 少し不機嫌そうにこう言ったのは、巨人ドラフト1位の岡本和真(智弁学園)。

 13日の新人研修会で行われた「話し方、インタビューへの対応」講座で、ともに壇上に立った同じ高卒ドラ1の楽天・安楽智大(済美)に、早くもライバル心をメラメラと燃やしたのだ。

 岡本は野手として、安楽は投手として、ともに「高校ナンバーワン」と評されていたが、模擬インタビューの採点結果は対照的だった。講師役の深澤弘氏(元ニッポン放送アナウンサー)は、スラスラと受け答えをする安楽を「ちょっと話すスピードが速いけれど、98点だね」と絶賛。聞き取りづらさが垣間見えた岡本には、「もうちょっとハッキリ話そう。もっと自分の言葉で」とアドバイスをおくった。

 講義後の深澤氏は安楽について「マー君(田中将大)も同じことをやったが、内容は遜色ない。奇麗すぎるくらい。音が出ているし声質もいい」と改めて評価。一方の岡本については「ちょっと言葉のキレが悪かった」と辛口だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る