楽天・安楽に新人研修会で“一本”取られた巨人・岡本の意地

公開日:  更新日:

「安楽は安楽なんで」

 少し不機嫌そうにこう言ったのは、巨人ドラフト1位の岡本和真(智弁学園)。

 13日の新人研修会で行われた「話し方、インタビューへの対応」講座で、ともに壇上に立った同じ高卒ドラ1の楽天・安楽智大(済美)に、早くもライバル心をメラメラと燃やしたのだ。

 岡本は野手として、安楽は投手として、ともに「高校ナンバーワン」と評されていたが、模擬インタビューの採点結果は対照的だった。講師役の深澤弘氏(元ニッポン放送アナウンサー)は、スラスラと受け答えをする安楽を「ちょっと話すスピードが速いけれど、98点だね」と絶賛。聞き取りづらさが垣間見えた岡本には、「もうちょっとハッキリ話そう。もっと自分の言葉で」とアドバイスをおくった。

 講義後の深澤氏は安楽について「マー君(田中将大)も同じことをやったが、内容は遜色ない。奇麗すぎるくらい。音が出ているし声質もいい」と改めて評価。一方の岡本については「ちょっと言葉のキレが悪かった」と辛口だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る