• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

済美・安楽は“1本釣り”も 凋落招いた「いじめ発覚」の後遺症

 23日行われるドラフト会議を前に安楽智大(済美)の評価が急落しているという。

 高校入学直後の1年から150キロ近い剛速球を投げることで注目を集め、2年春の選抜では準々決勝からの3連投を含め、5試合で計772球の力投。チームを準優勝に導いた。この剛腕ぶりに当時のプロ野球関係者からは「来年(14年)のドラフトは12球団が1位で指名するのでは」という声も飛び交っていたが、1年経った今では有原航平(早大)や高橋光成(前橋育英)などに押されっぱなし。阪神、ヤクルトが狙っているとはいえ、「一本釣りされる可能性もある」という寂しい状況だ。

 猫も杓子も安楽と言っていた各球団。ここにきて評価を落としたのは、故障歴のある右ヒジ不安や3年時に甲子園に出場できなかったこともあるが、パの某スカウトによれば「例の件も大きい」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る