松井が本命も…巨人原監督の本音は「後釜に由伸」2つの布石

公開日: 更新日:

 今季から打撃コーチを兼任する巨人高橋由伸(39)が昨14日、沖縄・那覇で中井、辻、西武の脇谷、阪神の伊藤隼らと行っている自主トレを公開した。

「コーチ兼任だからってレギュラーを目指していないわけではない」と意気込んだ。4月に40歳になる。「1年でも長く選手ができるように」と話すと、15日のスタッフ会議に「コーチ」として初出席するため、この日のうちに慌しく帰京。会議終了後に沖縄にトンボ返りするという強行日程だ。

 キャンプからは「コーチ業」もスタートさせる。選手とコーチの切り替えが難しいところだが、原辰徳監督(56)は「キャンプの練習は、ここまでは選手、それ以降はコーチ。中途半端にコーチと選手と混合した形でやることはない」としている。

 言わずと知れた幹部候補生。巨人は将来の監督候補として、OBの松井秀喜(40)を「ポスト原」の有力候補と位置付ける一方で、高橋由の擁立も視野に入れている。“二刀流”という負担の大きい形でも、原監督から勉強させたいのが球団の意向。指揮官もそのつもりのようだ。ある球団関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る