松井が本命も…巨人原監督の本音は「後釜に由伸」2つの布石

公開日:  更新日:

 今季から打撃コーチを兼任する巨人の高橋由伸(39)が昨14日、沖縄・那覇で中井、辻、西武の脇谷、阪神の伊藤隼らと行っている自主トレを公開した。

「コーチ兼任だからってレギュラーを目指していないわけではない」と意気込んだ。4月に40歳になる。「1年でも長く選手ができるように」と話すと、15日のスタッフ会議に「コーチ」として初出席するため、この日のうちに慌しく帰京。会議終了後に沖縄にトンボ返りするという強行日程だ。

 キャンプからは「コーチ業」もスタートさせる。選手とコーチの切り替えが難しいところだが、原辰徳監督(56)は「キャンプの練習は、ここまでは選手、それ以降はコーチ。中途半端にコーチと選手と混合した形でやることはない」としている。

 言わずと知れた幹部候補生。巨人は将来の監督候補として、OBの松井秀喜(40)を「ポスト原」の有力候補と位置付ける一方で、高橋由の擁立も視野に入れている。“二刀流”という負担の大きい形でも、原監督から勉強させたいのが球団の意向。指揮官もそのつもりのようだ。ある球団関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る